賢い医療脱毛クリニックの選び方【岡山版】 » 医療脱毛の基礎知識 » YAGレーザー

YAGレーザー

このページでは、日焼け、色黒の肌にも対応できる医療レーザー脱毛器、YAGレーザーの特徴について紹介しています。

YAGレーザーの特徴

YAGレーザーは、イットリウム・アルミニウム・ガーネット(Yttrium Aluminum Garnet)を用いた、波長1064nmの近赤外線の固体レーザーです。イットリウムとアルミニウムは金属、ガーネットは宝石。つまり、YAGレーザーはこうした鉱物の性質を利用した医療レーザーということができます。

脱毛器としての最大の特徴は、メラニン色素に反応しにくいことです。そのため、乳輪やVIO、日焼け、色黒の肌など色が濃い部分や色素沈着した部分にも照射して処理することができます。さらに、1,064nmと波長が長い分、皮膚の深層までレーザーが届くため、濃く太い毛も脱毛できます。

また、脱毛だけでなくリフトアップや美容にも好影響があり、肌の引き締め効果などを期待できるのも特徴です。硬毛化のリスクが低いことで知られ、他のレーザーと比較してもリスクの少ない脱毛器として認知されているようです。しかし、目にレーザーが入ってしまうと網膜を傷つける恐れがあるため、部位によっては目を保護するゴーグルを着用します。

なお、YAGレーザーは主力のアレキサンドライトレーザーの補助として位置づけられており、YAGレーザー単体で導入されるケースは多くないようです。

価格or技術力で選ぶ!
岡山の医療脱毛クリニック

YAGレーザーのメリット・デメリット

YAGレーザーのメリット

YAGレーザーを使用するメリットはたくさんありますが、代表的なものをピックアップしてみました。

  • 色黒肌、日焼け肌、色素沈着のある肌でも照射できる
  • 濃く根深い毛の処理も可能
  • 施術前にジェルを塗る必要がなく、ジェルが嫌いな人でも施術が受けられる
  • ジェルを塗る必要がないため施術時間が短くて済む

肌の色を問わずに施術が受けられるのは、大きなメリットです。

YAGレーザーのデメリット

デメリットは、以下のものがあります。

  • 高い効果を得るためには出力を上げる必要があること(その分痛みが強く出る可能性があります)。
  • 白髪への効果は期待できないこと
  • YAGレーザーを取り扱っているクリニックが少ないこと

YAGレーザーを照射できる機種

YAGレーザーを照射できる機種といえば、アメリカのシネロン・キャンデラ社が開発した「ジェントルヤグ」が有名です。その特徴はYAGレーザーの特徴そのままですが、波長やパルス幅が調節できるため、希望にあわせた脱毛が可能になります。

ジェントルヤグは波長が長いため毛根周辺の毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えられ、コシのある深くて長い毛でも処理可能。また、色が濃い肌でも施術することができます。

また、レーザー照射と同時に冷却ガスを出すのもジェントルヤグの特徴。施術前にジェルを塗る必要がないのはそのためです。そしてジェントルヤグは医療レーザーですから、当然ながら医師免許を取得している医者のいるクリニックでしか扱えません。

医療脱毛するならどっち