賢い医療脱毛クリニックの選び方【岡山版】 » 医療脱毛の基礎知識 » 医療脱毛をすると毛が濃くなる?「硬毛化」の原因となりやすい部位

医療脱毛をすると毛が濃くなる?「硬毛化」の原因となりやすい部位

このページでは、医療脱毛による「硬毛化」について解説しています。

硬毛化とは?

「硬毛化」とは脱毛施術後に毛が太くなる・濃くなるといったことが起き、よりムダ毛が目立つように感じる状態のことです。

硬毛化が起こってしまう原因ははっきりとわかっていませんが、一説ではレーザーのエネルギーが足りていないからという考え方があります。

ちなみにエステ脱毛と医療脱毛では、エステ脱毛の方が硬毛化しやすい傾向にあるようです。その理由は、照射しているインテンスパルスライト(IPL)という光に医療脱毛と同等の脱毛効果を届けられるだけの出力が法律上認められていないから。

つまり、エステ脱毛ではどのような部位であれ、毛根組織に対して「中途半端な刺激」となってしまい、硬毛化を招きやすい状況を作ってしまうのです。

硬毛化が起きやすい場所

  • 背中
  • 上腕
  • うなじ

一貫して言えることは、「もともと毛が薄くて細い部分が硬毛化しやすい」という事です。というのも、細い毛はレーザーに反応しにくいため、出力調整が非常に難しい部位。結果、中途半端な刺激を与えてしまい、硬毛化させてしまうという場合が多いのです。

中には、全身脱毛を勧められて契約をしたものの、うぶ毛が硬毛化してしまい、かえって目立ってしまったというケースも耳にします。

どうしても身体から毛をなくしたいという方はしょうがありませんが、硬毛化のリスクを考えると毛の薄い場所はあえて脱毛しないという方法も考えておくと良いでしょう。

硬毛化が起きた場合の対処法

まずはクリニックに相談

もしかしてこれって硬毛化・・・?と思ったら、すぐにクリニックに相談するようにしましょう。自分ではなかなか気づきにくい硬毛化を、客観的に判断してもらえます。その後、レーザー機器や出力を変えるよう、相談してみましょう。

硬毛化の原因がレーザーのパワー不足であった場合、レーザー機器を変更するだけで硬毛化を解決できる場合があります。硬毛化のリスクを考えて、あらかじめレーザーの機種を変えられるクリニックを選ぶのも一つの方法です。

レーザーの機種を変えられるクリニックでは、肌質や毛質によって施術の仕方が変えられます。後々のことを考えても柔軟性のあるクリニックのほうが、安心感が違ってくるでしょう。

また、クリニックによっては「針脱毛」を行うことで、硬毛化した部分のみピンポイントで脱毛を行うことも可能な場合があるので、一度確認してみるのをおすすめします。

注意点としては硬毛化が起こっている毛を剃らないようにしましょう。毛を剃ってしまうと医師であっても硬毛化の診断が難しくなります。気になる場所はそのままにしておき、確認しやすい状態を保つようにしてください。

医療脱毛するならどっち