賢い医療脱毛クリニックの選び方【岡山版】 » 医療脱毛の基礎知識 » ソプラノチタニウム

公開日: |最終更新日時:

ソプラノチタニウム

ソプラノチタニウムとはイスラエルのAlmaLasers社によって作られた蓄熱式医療脱毛機です。 3種類のレーザーをブレンドして照射することができるため、より短い時間で、幅広い肌質の方に使用することができ、効果も期待できます。

ソプラノチタニウム
引用元:アルマ社公式サイト
(https://www.almalasers.com/alma-products/soprano-titanium/)

ソプラノチタニウムのスペック

  • 許認可:FDA
  • レーザーの種類:アレキサンドライレーザー、 ダイオードレーザー、ロングパルスYAGレーザー
  • 波長と出力:波長アレキサンドライレーザー(755nm)ダイオードレーザー(800nm) ロングパルスYAGレーザー(1064nm)
  • 照射方法:蓄熱脱毛方式(SHR)
  • スポットサイズ:4cm² 
  • 寸法(W×D×H):記載なし

参照サイト アルマ公式サイト (https://lumenis.co.jp/aesthetics/products/lightsheer-duet/configurations/)

医療レーザーの他の機種についてはこちら

ソプラノチタニウムの特徴

ムダ毛の根本処理が可能

ソプラノチタニウムは低出力のレーザーを繰り返し放射することで、皮下に熱エネルギーを蓄積させます。 毛を作るための信号を送っているバジル領域と呼ばれる部位を蓄積された熱エネルギーによって破壊し、毛が作られないようにするため、根本治療が期待できます。

痛みが少ない

従来に熱破壊式の機器では強力な熱を浴びせることで毛根を破壊しますが、ソプラノチタンは三種類のレーザーを組み合わせ、広範囲に徐々に熱を浴びせることで痛みを起こしにくい特徴があります。

また、冷却口が熱放射口と別々に搭載されておらず、同じ部位から放射されるため、熱による肌へのダメージを減らすことができ、痛みを抑えることにつながっています。

色黒の肌や細い毛の処理にも使用可能

今までの機器では肌が黒い方では脱毛器が過剰に反応してしまい火傷を起こすこともありました。 ですが、ソプラノチタンでは低出力の熱を広範囲に放射するため、過剰な反応が起きにくく肌が黒い方にも使用することができるようになっています。 一般的に医療レーザーは毛に含まれるメラニン色素と反応することで脱毛を行っています。

そのため、背中やうなじといったメラニン色素が薄い毛の処理は難しいとされていましたが、異なる三種類のレーザーを合わせることで背中やうなじのうぶ毛や細い毛に対して脱毛効果が期待できます。

副次的な効果が期待できる

ソプラノチタニウムで照射されるレーザーは、たるみ治療や美肌治療にも使用される種類のものなので、肌にハリが出たり、肌の色素沈着が薄まるなどの副次的な効果が 得られることもあります。

ソプラノチタニウムの注意点

脱毛の効果を感じにくい

従来の熱破壊式では強力な熱エネルギーを照射することで一気に毛組織を破壊することができたため、脱毛による効果を感じ取りやすいのが特徴でした ソプラノチタニウムは蓄熱方式で放射するレーザーが低出力であるため、脱毛による効果を感じ取るには、時間がかかります。医療用脱毛機器は、様々な種類があり、それぞれ脱毛処理の特徴が違いますので、施術期間や効果を感じるまでの時間など自身のライフスタイルに合った機器を使用しているクリニックを検討する必要があるでしょう。

医療脱毛するならどっち