賢い医療脱毛クリニックの選び方【岡山版】 » 医療脱毛の基礎知識 » 薬を飲んでいても医療脱毛は受けられる?

薬を飲んでいても医療脱毛は受けられる?

医療脱毛を考えている方に気をつけていただきたいことの一つとして、「現時点で薬を服用しているかどうか」が挙げられます。

このページでは、医療脱毛と薬の相関関係についてご紹介します。

場合によっては脱毛が受けられないことも

薬を服用した状態で医療脱毛の施術を受けた場合、効果が薄くなったり肌荒れなどの症状が出たりするだけでなく、健康面で重大な問題が起きる可能性があります。そのため、場合によっては脱毛の施術自体が受けられない、ということも。

特に懸念されるものが、アレルギー症状の一種である「光線過敏症」。光を浴びることで、炎症のような症状が出てしまうこともあります。脱毛前には薬についてヒアリングされるので、きちんと答えるようにしましょう。

飲んでいると施術が受けられない薬

上記で述べた「光線過敏症」は、抗生物質や花粉症・鼻炎のときに服用する抗ヒスタミン剤、痛み止めなどに入っている成分で発症することがあります。そのため、風邪薬花粉症の薬鼻炎薬などは、脱毛施術前の服用が禁止されています。

その他、うつ病の薬血圧の薬を服用している場合も、施術が受けられなくなります。

また、医師から処方されている薬を服用している場合は、必ず医師に確認する必要があります。医師の承諾が得られなければ、施術は受けられません。

ピルを服用している場合も注意が必要です。健康面における直接の副作用はないものの、まれに色素沈着や体毛の変化などが生じる場合があるそうです。この場合も、きちんと申告しておく必要があるでしょう。

それと、薬ではないのですが、予防接種を受けた直後の施術も、トラブルが発生する可能性があるそうなので、ご注意ください。

施術前に薬を飲んでしまったらクリニックへ連絡を

もし万が一、施術の前に薬を服用してしまったという場合には、すみやかにクリニックに報告してください。服用した薬の種類をきちんと伝えた上で、クリニックの指示に従うようにしましょう。

場合によっては日程を入れ直す必要が出てくるため、施術が近くなってきたら、念の為にあらゆる薬の服用を控えるようにしたほうがよさそうです。

医療脱毛するならどっち