賢い医療脱毛クリニックの選び方【岡山版】 » 医療脱毛の基礎知識 » 医療レーザー脱毛機器の種類

公開日: |最終更新日時:

医療レーザー脱毛機器の種類

ライトシェアデュエット

熱破壊式のダイオードレーザーを使用し、毛母細胞を狙って脱毛するマシンです。ET(冷却式)とHS(吸引式)のハンドピースによる照射方法に対応しています。アメリカFDAにより、世界で初の承認を受けたことで知られています。

ソプラノアイスプラチナム

蓄熱式のレーザー脱毛機器で、バジル領域を狙います。使用するレーザー波は、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー、それにヤグレーザーの3種類です。各レーザー波を組み合わせて照射することにより、対象部位の状態に適した脱毛を試みます。

ソプラノチタニウム

ソプラノアイスプラチナムと同じく蓄熱式のレーザー脱毛機器で、上位機種に当たります。アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー、それにヤグレーザーの3波同時照射により、発毛部位にダメージを与えて脱毛を行う仕組みです。

メディオスターネクストプロ

蓄熱式のレーザー脱毛機器です。808nmと940nmの波長の異なる2種類のダイオードレーザーを組み合わせて照射できます。対象部位として、ヒゲやVIOの脱毛にも使用されているマシンです。皮膚冷却システムなどにより、施術時の痛みなどの軽減を図っています。

メディオスターモノリス

メディオスターネクストプロの後継機種に当たる新しい医療レーザー脱毛機器です。基本的な仕組みはメディオスターネクストプロと同じ蓄熱式で、2種類のダイオードレーザーをブレンド照射することで対象部位に応じた脱毛を図ります。違いは施術時間が短くなった点などです。

ジェントルレーズプロ

熱破壊式のアレキサンドライトレーザーを使用する機器で、日本初の薬事承認を受けた機種として知られています。海外製品ですが日本人のVIOやワキの脱毛にもよく使われており、スピーディーな脱毛が特徴といわれているマシンです。

ジェントルマックスプロ

熱破壊式のレーザー脱毛機器です。アレキサンドライトレーザーのみの照射だったジェントルレーズプロと異なり、ヤグレーザーを照射する施術も可能となっています。ガス冷却によって痛みの軽減を図る点はジェントルレーズプロと同様です。

クラリティツイン

熱破壊式のレーザー脱毛機器で、照射できるレーザー波はアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類です。他の複数レーザー照射マシンと同様に、VIOを含め対応可能な部位を幅広くとっています。短時間での施術も可能です。

スプレンダーX

熱破壊式のレーザー脱毛機器です。755nmのアレキサンドライトレーザーと1064nmヤグレーザーの2種類を同時に照射できるため、レーザー波の使い分けをする必要がありません。2種類の冷却システムをもっており、痛みを軽減した施術を図っています。

ラシャ

熱破壊式と蓄熱式の両方の機能を備えるレーザー脱毛機器です。2種類の機能を素早く切り替えることが可能で、部位や毛の質にかかわらずスピィーディーな脱毛を図れます。また、強力な冷却機能により、施術時の痛みを軽減しています。

クリスタルプロ

熱破壊式と蓄熱式の両方の機能を備えダイオードレーザー波を照射するレーザー脱毛機器で、医療脱毛クリニックである「エミナルクリニック」独自開発のマシンです。痛みの軽減やスピィーディーな施術など、ユーザーの利便性を考えています。

価格or技術力で選ぶ!
岡山の医療脱毛クリニック

医療脱毛するならどっち