賢い医療脱毛クリニックの選び方【岡山版】 » 医療脱毛の基礎知識

医療脱毛の基礎知識

このページでは、医療脱毛にまつわる情報をまとめています。施術を検討する前の参考にしてみてください。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛に使われるレーザーは出力が高いため、一回の施術でも効果的に脱毛を行います。そのため施術回数や期間を短縮させやすく、忙しい方にとって魅力的な脱毛法です。

一方で料金が高額になりやすいことや痛みを強く感じるという、デメリットも存在します。医療脱毛のメリットとデメリットを同時に知ることで、医療脱毛のことを詳しく知ることができます。

安全のためには医師と密にコミュニーケーションを行う必要があるため、事前のクリニック選びも大切です。

医療脱毛による火傷・肌トラブルの事例

医師や看護師によって行われる医療脱毛ですが、まれに火傷や肌トラブルを引き起こすことがあります。その原因は脱毛器との相性・それぞれの肌質の違いなどさまざま。

火傷や肌トラブルを回避するためには、実際の事例を見ながらその原因を考えていく必要があります。少しでも肌の異常を感じたら、すぐに医師に相談していくことが大切です。

医療脱毛の照射漏れとは?

医療脱毛では脱毛できている場所とできていない場所に分かれる、照射漏れという現象が起こることがあります。照射漏れが起こると施術個所がまだらになるため、大きく見た目を損ねてしまうことも…。

もし照射漏れが起こったときにはクリニックへの相談や、自分自身で対策を行う必要があるのです。具体的な対策法を知ることで、いざというときすぐに行動が起こせるようになります。

医療脱毛で起こる「硬毛化」とは?

医療脱毛による施術を行った部分に、硬毛化という現象が起こることがあります。硬毛化が起こると毛が濃くなる・太くなるといった状態になり、場合によっては施術を行う前よりもムダ毛が気になるようになってしまいます。

また、どの場所に硬毛化が起こりやすいのかを知ることによって、事前にリスクを回避することも可能です。

医療脱毛の痛みはどのくらいか?

医療脱毛は気になるけど、「痛み」の程度が気になる方は非常に多いです。もちろん、レーザーの照射部位や機器、個人の肌質によって感じる痛みの度合いは異なります。

ここでは、医療経験者に限定をして、医療脱毛の痛みについての口コミをまとめてみました。

妊娠時の医療脱毛がNGな理由

妊娠中の女性に対してどのクリニックも施術がNGになるのには、きちんとした理由が存在します。それは妊婦のホルモンバランスが関係しているのです。妊娠した女性の体はとてもデリケートなため、施術によってさまざまな問題を引き起こします。

なぜ妊娠時の医療脱毛は許されていないのかをしっかりと学んでいきましょう。

シミやホクロがあっても医療脱毛はできる?

シミやホクロがあっても医療脱毛はちゃんと行うことができます。最新の機器を使用したり、保護テープを貼ってヤケド防止をするなどリスク回避の措置を行い、注意事項さえクリアすれば問題なく施術が受けられるのです。それどころか、レーザー脱毛の種類によってはシミ・ホクロが薄くなる可能性もあります。

薬を飲んでいても医療脱毛は受けられる?

事前に薬を服用していた場合、副作用などで健康面の問題が生じることから、施術ができないことがあります。飲んではいけないものは、抗生物質や抗ヒスタミン剤が含まれたもの、痛み止め、うつ病の薬や血圧を上げる薬、ピルなど。そうした薬を飲んでいる場合は、事前にサロンやお医者さんに相談するようにしましょう。

医療脱毛するならどっち